Rss Feed Tweeter Facebook button
人気NO.1 ロングヒットモデル GT-120 GT-600 ハンディGPS i-gotU GT-820シリーズ お待たせいたしました。いよいよ日本国内販売開始! GT-820 GT-820Pro

ソフトウェア不具合解消のお知らせ

「@tripPC」および「Sports Analyzer」において、地図が正しく表示されない不具合が発生しておりましたが、
不具合が解消されたことをお知らせいたします。

解消するためには、修正パッチをインストールする必要がございます。
詳しくはこちらをご覧ください。

皆様にはご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんでした。

スタッフインプレッション

「GPSロガー」ってなんだ?

はじめまして。
i-gotU.jpの大木と申します。
これから、i-gotUで何ができるのかを少しづつご紹介してまいりますので、よろしくお願いいたします。


i-gotUは「GPSロガー」です。

GPSロガーとは、「移動した経路をGPS衛星を利用し、記録 (log: ログ=トラック)する装置」です。
GPSロガーを持って移動すると、後でどのような経路で移動したかを確認することができます。


よく「離れたところからGPSロガーの現在地を把握できるか?」というお問い合わせを頂きます。
GPSロガーはGPS信号を受信するだけで、現在地を送信しません。よって、遠隔地からGPSロガーの現在地を知ることはできません。


下のURLは、私がGT-600を車の助手席に置いたまま移動したときに3秒間隔で記録したトラックを、i-gotU専用のトラック公開サーバー、a-trip.comにアップロードしたものです。(ガーミン製品をご利用の方にはおなじみ?の、ガーミンコネクトのようなものです。)


a-trip.com http://www.a-trip.com/tracks/view/77939
左のボタンはグーグルマップモード、真ん中は写真表示モード、右はグーグルアースモードです。
トラックを再生してみると、移動速度や距離、高度を知ることができます。
地図データと完全にリンクはしていませんが、移動経路を知るには問題のないレベルです。
a-trip.comでは、世界中の多くの人がトラックを公開しておりますので、是非ご覧下さい。


トラックは、グーグルマップやグーグルアースで表示させることも可能です。
※速度・高度等データは表示されません。

より大きな地図で GT-600 を表示


GPSロガーの基本的な使用方法は、このような感じとなります。
これだけ見るとちょっと寂しい感じもしますが、i-gotUでは移動中に撮影したデジカメ画像をトラックへ同期させることも簡単ですので、次回はその辺りをご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このページの先頭へ